ローマでの休日

​朝は軽くコルネットとカプチーノ。 インスタ映えのドルチェも捨てがたい。

バチカンは別の日に観光するとして、今日はのんびりしたい気分。

彼と下町をのんびり散歩したら、トリップアドバイザーで高評価のレストランへ。

エビのクリームリゾットとワインで乾杯。

その後はコロッセオから真実の口に行き、気分は主演女優。

ディナーは地元の人達で賑わうトラットリアでワインとパスタ。なんて素敵なローマ。

​そんなのは糞以下だ。黙って安いカーチョエペーペを食べろ、男なら飲め、女でも飲め。

ローマが首都だと気が付いた時には、すでに到着から半日以上が経過していた。

我々の純粋な低学力を棚に上げて言わせてもらうと、

この町の首都の響きとは結びつかない汚さと、溢れすぎる下町情緒。

浮浪者はゴミを漁り、観光客もどこか下品だ。これで首都なわけがないだろう。

だがしかし、

最近の銀座も同じ様相を呈していると思い出した。

きっとどこもこんなものなのだ。

​ただ、下町情緒が溢れるこの感じは好きだ。居心地がいい。

そこかしこにアフリカ料理屋や中古のモバイルショップがある。

当然大好きなケバブ屋もある。腹ごしらえはケバブにした。

安いし、うまいし、言うことなし。

トラットリアのランチタイムはどこも終わっていた。

テラス席で売り上げを勘定している小太りの店長、

テーブルに椅子を乗せて掃除する店員、陣取るカボチャ。

休憩中の飲食街は静かだった。

 

毎日トラットリアには行かない。金が無いし、今日も自炊だ。

 

ただ、自炊するなら地産地消、それにはまず食事をして味を確認することからだ。

カーチョエペーペという、ローマっ子のソウルフードを食べた。

うどん並みに太いパスタに、山羊のチーズと胡椒を合わせたシンプルな料理。

山羊のチーズの濃厚さがとにかく絶妙で、非常においしい一品だった。​

 

歩きつつみつけた、パワー型肉屋でプロシュートを200グラム買った。

部屋で飲んだら、あっという間に一日が終わった。

混雑する小さなメトロに乗ってバチカン市国にやって来た。

クーポラに上って景色を眺めれば、建物のひとつひとつが絢爛豪華で大きくて広い。

それらがびっしりと収まっている。バチカンは小さいが大きかった。

他に気になったことがある。

入場料だったり、土産物に郵便だったりと、とにかく小銭を要求された。

​大きなものと組織の維持のためには、金が必要なのだ。

祈ることはなかったが美しかった。

祈っている人は、別の場所にいた。

​人知れず自分達の信仰をするのだ。

そういえば、もっと祈った方が、神様も気に掛けてくれそうな人も多く見掛けた。

トッティのいる町を旅しているわけだが、だんだんと、

ここは王子の住む町というか、ガキ大将がいそうな町のように思えてきた。

 

冬なのに、気温は15℃まで上がったローマの町中で、ドルチェを食べつつ、ビールを飲んだ。

洒落たローマっ子とか、半袖でアイスを食べている人とか、行き交う人皆、様々だ。

 

歴史を感じさせる建物と溢れる下町情緒、

観光地の顔だけ、でなどなかった。

​その中を自分のペースで歩ける感じがとても心地よかった。

TReC ZINE "Against Poor"

Ep1「ローマでの休日」

​¥350

© 2015  TReC Co.,

0